タブレット採決システム SideBooksクラウド本棚オプション機能 2019年4月スタート予定

採決システムとは

地方自治体向けのサービスで、タブレット端末を利用して採決を実施するシステムです。SideBooksクラウド本棚のオプション機能になります。

地方議会の採決を

タブレット端末で

システムの使い方

Step1

採決する議題を登録

Step2

議題を選んで投票開始

Step3

ボタンを選んで投票

Step1

採決する議題を登録

採決する議題は事前に登録します。本会議だけでなく委員会の採決にも利用できます。

Step2

議題を選んで投票開始

投票開始後は、採決に参加しているすべてのユーザの画面が強制的に切り替わります。

Step3

ボタンを選んで投票

賛成・反対・棄権の中からボタンを選ぶと投票完了になります。

機能紹介

  • 議案の一括登録

    CSVファイルを利用して、議案を一括登録することができます。登録したい内容を、決められたルールに従って入力したCSVファイルを作成する必要があります。

  • 事前投票メモ

    採決前に投票内容のメモを作成することができます。投票メモは「賛成予定・反対予定・棄権予定・予定なし」の4つ中から選んで作成します。

  • 議案の一括採決

    複数の議案を1つのグループにまとめることができます。グループ化された議案を選んで採決を開始することで、議案の一括採決ができます。

  • 採決結果の利用

    採決結果をCSV形式でダウンロードできます。ファイルの内容は、各議案に対して、議決結果、票数の内訳、採決日時などの情報が付与されたものです。

  • 同時複数採決が可能

    採決を実施する会議を、同時に複数開催できます。委員会など、同時に複数開催される会議でも問題なく採決ができます。

  • 議場大型モニターに対応

    採決の進行を大型モニターに投影できます。採決システムは、モニター投影を補助するための様々な機能を備えています。

ご利用料金

初期費用 8万円
年額費用 36万円
注意事項
  • すべて税別の料金です
  • 年度途中から契約することは可能です
  • 採決システムの利用には、SideBooksクラウド本棚の契約が必要です

よくある質問

採決システムの動作環境を教えてください

採決システムの動作環境は、SideBooksクラウド本棚の動作環境と同様です。詳しくは、こちらをご覧ください。

議会中継に採決システムの画面を投影できますか

はい、可能です。議会中継用の映像配信システムを利用して、採決システムの画面を投影する必要があります。また、採決システムは、議会中継システムではありません。

採決システムの無料トライアルに申し込みたいです

採決システムの無料トライアルは、2019年4月から開始予定です。